福祉

理学療法士と作業療法士の違いって?【福祉住環境コーディネーター】

理学療法士と作業療法士の違いは?

理学療法士も作業療法士もリハビリテーションの中核を担う職業で、医療機関や高齢者・障害者施設に勤務します。

違いは支援・援助する動作の度合い

理学療法士と作業療法士の違いは、支援・援助をする動作のレベルが違います。

理学療法士 基本的な生活動作の改善
作業療法士 応用的動作能力や社会適応力の向上・回復

理学療法士(PT/Physical Therapist)

理学療法士は、基本的な生活動作の改善に必要な訓練や指導、援助を行います。

  • 歩行
  • 車いす・ベッドの移乗
  • 立ち上がり
  • 起き上がり

理学療法士は、身体に障害がある人に、筋力増強などの運動療法や、マッサージ・温熱・電気といった物理療法を行います。

作業療法士(OT/Occupational Therapist)

作業療法士は、手芸や工作などの作業を通して、応用的動作能力や社会適応力の向上・回復を図るために治療や支援、援助を行います。